フリードのニューモデルを手に入れました。

先日新車でフリードを購入しました。2011年に購入し今まで乗ってきた旧モデルのフリードからの乗り替えです。旧モデルのフリードは既に八万キロを超えておりそろそろ買い替えの時期と思っていたところテレビコマーシャルでニューモデルを見て以来気に入ってしまったのでした。買い替えであれば日産ノートかホンダフィットなどのコンパクトカーと思い描いていましたが完全にフリードに一目惚れをしてしまったのでした。エクステリアはもちろんのこと内装や安全装備についても気に入ったポイントです。次の休みにホンダのディーラーに行きフリードの面倒を見てくれていた担当の方にニューフリードの試乗をお願いしたのです。乗ってみた感想は旧モデルと比較して運転が更にしやすくなっていました。走りについても充分な性能です。試乗から営業所に戻りさっそく見積もりを作ってもらい商談開始です。顔馴染みの営業マンとは言えお金にはシビアに行かなくてはなりません。しかし出たての車で大人気のフリードでは簡単に値引きを引き出すことはできず下取りを10万円程度高くしてもらう条件のみで成約したのでした。買い取り専門展であれば更に高価買い取りになるとは分かっていたもののめんどうな部分もあり全てディーラーにお任せしたのです。

残クレジットで車を購入した時の話

私は結婚をして、妻の軽自動車に乗っていました。今は夫婦二人で何不自由なく過ごしていましたが、子どもが産まれてから、ベビーカーやチャイルドシートなどを取り付けることを考えて、少し大きな車にしました。
その時に進められたのが、残クレジットという方法です。新車代を全額支払いをして購入をしたり、ローン支払いをすることはかなり負担になると考えていました。
インターネットでいろんな方のブログを見ると、二人目が産まれてさらに大きなステップワゴンに買い換えたという人がいるくらいなので、大きいに越したことはないがいきなりステップワゴンはちょっとと悩んでいました。
残クレジットは、3年、5年で次の新車を購入するかそのまま乗り続けるか選択ができる方法です。また、その時の下取りはある金額が約束されているので、私達も計画を立てやすいというメリットがあります。
その残クレジット5年で車を購入し、子供が増えて手狭に感じるようであれば大きな車に乗り換える選択を選びました。

せっかく買うなら可愛い車が欲しいから

郊外に住んでいます。車がなくても電車やバスがあるので暮らしてはいけるのですが、坂が多いので車があると便利、という土地柄です。小回りが利く小さい車が欲しいなと思い、車を探し始めました。とはいえ、車について全く詳しくなかったのと、あまりこだわりがなかったということで、比較的安価な軽自動車に決めました。そして、何よりも見た目が可愛らしい車が良いということで、たくさんパンフレットを集めて、見た目だけで決めることにしました。自動車の顔の部分、フロント部分が可愛らしい雰囲気のものが良いと思い、スズキのラパンか、ダイハツのココアが最終候補になりました。両方現物を見に行って、試乗もして、最終的に決めたのはダイハツのココアでした。決め手は、なんとも丸っこくて可愛らしいフォルムとランプです。女性受けが良さそうな見た目で、心を惹かれました。カラーバリエーションは11種類あって、それも魅力でした。散々悩んだ結果、乗っているだけで明るい気分になれそうなので、イエローに決めました。見た目だけで選んだ割には、とっても満足していますし、愛用しています。